CP概論 第4回

自分たちでできることは?

本日は最終発表会に向けて、

「自分たちでできること・やってみたいこと」を話し合いました。

エリアマネジメントと新しい試み

明舞団地はオールドニュータウン問題の対応モデルとして再生計画や住民による様々な試みが行われています。本日は、明舞サポータ―である大西氏より高齢化率40%を超えるまちづくりの「Paradign shift」をお話頂きました。また、明舞再生計画の概要について兵庫県の清水氏よりご説明頂き、ライフステージにあった無理のなり住み替えシステムの構築を図っている「くるくる明舞」について初田氏からご講義頂きました。

 

ワークショップ

いよいよワークショップです。

「自分たちでできること・やってみたいこと」を事前に考えてきた学生たち。ノートやメモに書かれた内容やホームページの情報等、各自集めてきた情報を共有していきます。

自分の考えた企画を班で共有する

自分の考えた企画を班で共有する

様々な提案があったようですが、組み合わせたり、組み替えたりしながら、グループでできることを考えていきました。周辺施設等を活用した案もあり、その着眼点を活かしつつ、利用者や構築するつながり等を明確にすることで、より具体的に企画案を作成することができるとの教員のフィードバックがありました。

各班の発表の様子

次回は、本日の意見等を踏まえ、再検討を行い、地元の方へ企画案を発表させて頂きます。