推進室で植えた宮城のサクラの芽が出ました(2015年4月13日)

推進室で植えた宮城のサクラが発芽しました!

ボランティア講座 第3回で拾い集めたサクラの種を淡路緑景観キャンパスにある大学間連携事業推進室でも蒔きました。

春に芽が出るとボランティア講座講師の沼倉氏に教えられ、待つこと数か月。

推進室のサクラからも芽が出ました!

苗木となるのはまだ少し先になりそうですが、宮城県にお返しできる日が楽しみです。

 

 

推進室のサクラの発芽

推進室のサクラの発芽

こちらは、緑景観マネジメント科 平田教授が育てられているサクラです。

成長の度合いが違うのは、愛情のかけ方でしょうか?推進室でも頑張ります!

平田教授が育てられたサクラの発芽

平田教授が育てられたサクラの発芽

数年後に、この苗が市内のまちづくりや緑化の現場で活用する予定です。